薬を飲んで性感染症治療

クラビットで通院なしの性感染症治療

日本における代表的な性感染症はクラミジアや淋病などで主に細菌感染が原因です。
中でもクラミジアの感染者数は100万人となっており、そのほとんどが性交渉によって人の粘膜から粘膜へうつる接触感染となっています。また、最近では性交渉の低年齢化が進行し、10~20代の患者が急増しています。これは、十分な性教育の知識がないまま、性行為に及んだことが理由と言われています。

細菌感染による性病の殆どが、初期症状がなく潜伏期間も1~3週間と長いため、自分が感染しているのに気づかず他人へうつしてしまっています。また、あらゆる粘膜に感染するため、粘膜が多い口や子宮に取り付き、母子感染を引き起こすこともあります。男性の場合には尿道に取り付くことが多く、時に尿道から膿がでることがあります。女性の場合にはおりものの増加や不正出血、下腹部の痛みがおこります。
最近はネットで情報が手に入るので、症状が出たときに、自分がこの細菌に感染していることを知るのは簡単です。ただ、性交渉によって感染した事実を知ると、恥ずかしさが先にたってしまい、中々病院に行けないものです。
しかし、性病感染をそのまま放置して置くと、男性ならば前立腺炎を引き起こし、女性ならば不妊の原因となります。気づいたら出来るだけ早く治療した方がよい病気です。

人に知られず治したいと思ったら、クラビットの薬通販がとても便利です。クラビットとは細菌全般をやっつける抗生物質の一種となります。クラミジアなどの細菌感染症に婦人科の先生が真っ先に処方するお薬ですので、安心して服用することが出来ます。
しかも顔を見られることなく個人輸入代行などの通販で購入でき、性感染症治療も自宅で出来るので、メリットは計りかねません。自分の病気に気づいたけど、恥ずかしくて病院に行けない、でもしっかり治療はしたい、という方にはぴったりの購入形態となります。

但し、医師の処方の無い薬の利用にはリスクもあり、また使用量も自己責任となります。ご利用の前に、十分な基礎知識を身に付けておきましょう。