バラシクロビルが成分のバルトレックスの服用方法

バルトレックスは、製薬大手のグラクソ・スミスクライン社によって開発されたウイルスへの感染が原因となって引き起こされる、ヘルペスとよばれる病気の特効薬です。
ヘルペスはそのウイルスの型によっても違いがありますが、くちびるや性器などの部位に単純疱疹とよばれる水ぶくれをつくり、痛みをともなう場合が多いといえます。はじめてこのウイルスに感染して免疫がまだないような場合には、発熱やリンパ節の腫れなどの、さらに重い症状を伴う事もみられます。
バルトレックスには、有効成分が500ミリグラム含まれた錠剤タイプのものと、顆粒タイプのものの2つの種類がありますが、1錠または1包中の有効成分の量はどちらも同じです。また、基本的な服用方法も同じです。成人が治療目的で使うのであれば、このバルトレックスを1日2回、1錠または1包ずつ服用します。病院で処方を受ける場合は、受診した日から5日分というのが標準です。ヘルペスウイルスは治療後も体内に潜伏して再発することが知られていますが、性器ヘルペスの再発予防が目的である場合には、1日1回、1錠または1包ずつ服用し、これを毎日続けます。
バルトレックスは厚生労働省から医薬品の承認を受けていますが、日本国内では医師の処方がなければ買えず、また通販などもしていません。このため、処方箋薬の例外的な取扱いである、海外からの通販という個人輸入の方法で、病院に行かずにこのバルトレックスを手に入れるということも最近ではみられます。個人輸入については、購入者自身が使うものだけを1か月分以内といった法的な制限もありますが、日本語で現地の業者に注文できる通販サイトなどもネット上では充実してきており、ひと昔前とは違って、かなり簡単に手続きができるようになりました。
しかし、使用量などは自己責任で行わなければならず、最低限の知識は必要となります。
製薬メーカーの商品情報は基より医薬品関連サイトや医師ブログなどに予め目を通し、基礎知識を得てからの購入をお勧めします。