尖圭コンジローマとは

性感染症にも様々な種類がありますが、尖圭コンジローマも気をつけたい病気のひとつです。これは肛門や性器にイボができる病気で、そのイボは乳首のようになる場合もありますし、鶏のとさかのようになる場合もあります。
感染してもすぐにイボが現れるのではなく、3週間程度で発症することもあれば、数ヶ月経って発症する場合もあります。そしてこの場合も痛みやかゆみなどがなければ、いつ発病したのか、誰からうつったのかも確定できないこともあります。
自覚症状がほとんどないと言われていますが、痛みやかゆみを感じる場合もあります。症状に気付いた場合は早めに医療機関で診察を受けましょう。尖圭コンジローマになってしまう原因はHPVと言うウイルスの感染です。コンジローマ感染は性行為などでも起りますので、感染を広めないためにも早めに治療は行っておきましょう。

治療はベセルナクリームで行うことができ、就寝前にイボのあるところに塗布することとなります。そして、クリームを塗ったら6時間から10時間は洗い流さないようにしましょう。長時間塗りっぱなしではなく、夜塗って、朝洗い流すことが一般的です。治療は1日おきに、イボが除去されるまで行っていくこととなります。

塗り薬の入手方法は、病院に行って処方してもらう方法の他に、個人輸入通販と言う方法があります。通販の場合には、病院からの処方箋が不要ですので、費用は薬代だけで済みます。
塗り薬には、ジェネリックとオリジナル版の2種類の商品がありますが、成分や効果には差がありません。使用後の完治の目安として、早期完治でしたら1~3週間程度、長期でも16週間ほどで完治します。

この薬以外の治療方法として、冷凍窒素による方法もありますが、塗り薬の方が比較的に手軽に治療できるため世界中で選択されています。また、使用後は再発する確率も低いといった点も評価されています。

最後に、尖圭コンジローマは繁殖率の高いウイルスですが、塗り薬を症状が進行する前に使用することによって短期間で治療が可能です。もし、完治前に塗り薬を使用することやめてしまった場合には、ウイルスが再発する可能性がありますので、事前に塗り薬を多めに購入したり、定期的に症状を確認しておくことが重要です。