ドメインを購入して意気揚々とWEBサイトを運用していたアナタ、いきなり流入が激減して困っていませんか?それはもしかしたらあなたのドメインが受けている被リンクのせいかもしれません。

ドメインの被リンクのせいで順位圏外に?!

お店を開店したので、ホームページを新しく作る人もいます。
しかし、お店を開店したばかりでは、なかなかホームページを訪問してくれる人は少ないです。
そんな時はSEO対策をおこない、検索エンジンのランキングを上位にする方法があります。
SEO対策というと、SEO対策専門の会社に頼むので、高額な費用がかかると思っている人もいますが、簡単にSEO対策をする方法として、中古ドメインを取得する方法があります。
中古ドメインを取得しただけで、なぜ検索エンジンのランキングが上位にくるのか不思議に思う人もいますが、中古ドメインには、他のサイトからの被リンクが残っていたり、Googleのページランクはついているので、SEOでは中古ドメインの方がランキングの順位が優位になります。
ただし、最近は中古ドメインを使えば必ず上位にランキングされるわけではないので注意が必要です。
時間の経過と共に被リンクが減少したり、掲載元のサイトのオーナの判断で削除されることもあります。
ブラックリストに掲載されたドメインをそのまま引き継ぐと、ペナルティまで引き継ぐことになります。
ペナルティを受けているドメインを使用していると、せっかく圏内に入った順位も圏外になることもあります。
被リンクが悪質なサイトの物だと、それだけで評価が下がってしまうので、順位にも影響が出てきてしまいます。
そういう悪質なサイトの被リンクを見つけたらすぐに削除をしてもらうといいでしょう。
中古ドメインを取得する場合は、自分で探すとペナルティを受けたドメインに当たることもあります。
そうならないためにも、中古ドメイン販売サイトから購入すると、安心できるドメインを購入できます。

アメブロからの被リンク、ドメインに良い効果がある?

「アメブロからの被リンクには大した効果がない」といった声があります。
たしかに無料ブログの被リンクには大した効果は見込めません。
たった1本、2本程度のリンクをアメブロから送ったとしても大した変化はないでしょう。
しかし、無料ブログは更新率が高く、さまざまなコンテンツを所有している優秀なドメインであることは確かです。
強力なドメインパワーを誇っている中古ドメインには敵いませんが、そこらへんの弱小中古ドメインと比べたら十分な価値があると言えます。
アメブロといった無料ブログには元からそれなりのドメインパワーがあるため、数を打てば被リンクを受けたドメインにしっかりと良い影響が出てきます。
これは昔から変わらずに、確認されている効果であり、今後も大幅なリンクパワーの減衰はないと言えます。
なぜなら、無料ブログを利用している一般ユーザーの人から送られた支持(リンク)を無視するわけにはいかないからです。
無料ブログを使った悪質な手動リンク操作をするユーザーは、全体のアメブロユーザーから考えるとごく一部のユーザーになります。
つまり、Googleの検索アルゴリズムがアメブロからのリンクパワーを抑えるという可能性はあまり考えられません。
ところが、アメブロ側も意図的なリンク操作をするユーザーの取り締まりを厳しく行うようになったため、アメブロ側から意図的にリンクパワーを送ろうとして作られたブログは削除されるようになっています。
結論としては、アメブロからのリンクには十分な効果が見込めるものの、バックリンクサイトとはいえ、アメブロ側のサイトコンテンツもそれなりに充実させなければ、ブログ自体を削除されてしまい、ドメインに良い効果をもたらせなくなってしまうということです。

ドメインが危険!ディレクトリ登録獲得被リンク

サイトのSEOを向上させる為に有効な方法として、被リンクの数を増やすという方法が有ります。
これは検索エンジンが上位を決定する際に被リンクの数を基準にしていることから、出来るだけ多くの被リンクを獲得する事が検索エンジンの上位に位置づけられるという考えに基づくものです。
中古ドメインがSEO対策に有利とされているのも、既に存在していたドメインで有る為に旧サイトで被リンクを沢山受けていたことによりこのドメインを使用する事でその資産を引き継ぐことができるという考え方にも続くものです。
しかし、被リンクを獲得するのはリンク元のサイトに認められる良いコンテンツであることが条件となることから、実際は簡単な事ではありません。
そこでディレクトリ登録サービスと言われる被リンクを機械的に付けるサービスが生まれ、利用されてきました。
このサービスは登録会社に費用を支払って被リンクを作成してもらうことで、多くの被リンクを獲得できるというものです。
しかし、最近検索エンジンでディレクトリ登録サービスによる作為的な被リンクをうけるサイトをペナルティの対象とするところが増え、このドメインがブラックリストの対象となる場合が多くなっています。
検索エンジンのペナルティを受けてしまうと上位に表示されることは無くなり、サイトのアクセス数が極端に減ってしまうという問題が発生します。
ディレクトリ登録サービスの中には広告を目的とした健全なサービスも有るのですが、SEO対策効果を目的とした有料サービスも有り、検索エンジンとしてはこれを不正な被リンクと判断し、ペナルティを課しています。
その為、ディレクトリ登録サービスを利用しているドメインはSEO効果が期待できないという状況になっているのです。